深深の意味深(みしんのいみしん)

浅学非才の輩による四方山批評

なっちゃいない連中

 日本酒の飲み方がなっちゃいない。


 社会人になってからこちら、いついかなる時、なんでもかんでも燗で注文とるロートルばかりを見る。出てくるのはいつだって白鶴や豪快。雇われ歯車共のがなり叫び軋む音に呑まれた我が国の糞ったれな飲み会文化が醸成し脈々と受け継いできた「飲み会」スタイルの弊害だ。そんな飲み方しか知らないのだ。こんな歳にもなって。

 学生時代、よくよく酒を愛している連中と共にいたのだなあと思う。私は酒が飲めないけれど。

 連中、酒を楽しんでいるんじゃない。飲み会を、いや、虚飾なく言えば、仕事の場から離れてなお、権力を他者に奮って悦に浸ることを楽しんでいるんだ。

 いや、まあ。私のいる環境がピンポイントで劣悪という蓋然性がないではない。
 ないではないが、しかし。ただでさえ不味い酒が、より不味くなるこの文化のニオイが、燗されて妙に甘ったるく鼻を突くのである。

 連中、日本酒の飲み方がなっちゃいない。